就職までの流れを把握しよう

就職するには段階を踏んだ活動が必要になることが多いです。急に就職が決まるなんてことは稀です。なので、就職までの流れをきっちりと把握してスケジュールを立てていきましょう。

就職までの流れを把握しよう

就職へのスケジュールを立てる

就職活動を行うには、時間に限りがあります。限られた時間を有効に使うためにも就職するまでのスケジュールを綿密に立てることをお勧めします。就職活動のスケジュールを立てる前に最も重要なことが1つあります。それは自分がやりたいことを明確にすることです。自分のやりたい仕事やつきたい仕事がわからない方は自己分析をよく行い自分が向いている仕事を探すようにしましょう。この目的の部分がずれてしまうと、仕事を探す時間がかかりやりたいことを探す時間になってしまいます。このようなことにならないためにも、常日頃自分がやりたい事は何かを考えるようにし就職活動が始まる前までに決めておきましょう。自分のやりたいことがわかっている人は、自分のやりたいことをやっている企業を探すところから始めます。大きく分けて業界から探すと良いでしょう。働きたい企業が見つかったら、その企業の業務内容を把握します。細かいところまではわかりにくいと思いますが、おおまかな部分を理解し自分がやりたい事とあっているかを確認しましょう。応募する企業が決定したら、エントリーシートを作成します。エントリーシートの中には志望動機及び自己PR欄がありますので、よく考えてかいていきましょう。志望動機については、企業研究が充分でないと支離滅裂な文章になってしまいますので企業研究をよく行いましょう。可能であればOB訪問を行ったり、企業が主催するセミナーや説明会に参加しましょう。実際に働く人の話を聞けるのはとても重要なことです。エントリーシートや履歴書等の準備が完了したら、面接の準備をしましょう。面接は出来る限り模擬面接を行ってもらい様々な質問に対応できるようにしておきましょう。また企業に質問する際の質問も的確であるか確認しましょう。例えばWEBデザイナーになりたい!というようなクリエイティブな仕事に就きたいと考えている方は他の方よりもさらに準備が必要です。知識を身に付けるのはもちろんのこと、ポートフォリオなども別途準備が必要になってきますので特に気を付けましょう。

就職だけが選択肢ではない

成人になったり、学校を卒業すれば就職するという流れが通常でもあります。特に金銭面で必要を迫られている場合には別ですが、学校を卒業した後は必ずしも就職が選択肢のすべてではないでしょう。学生から新卒として就職活動をする際にみんなが就職活動をしているからという理由でどこか採用試験を受けるという人も少なからずいます。もちろん就職は社会人経験が出来る他、これまで育ててくれた親への恩返し、家庭を新たに持つ為、等色々な理由で社会や身の回りの人に貢献ができるでしょう。働く事言う事は自己成長できる場でもありますし、生活をする上での生活費を稼ぐ為にも必要でしょう。しかしもし就職以外の選択肢が許されるなら、さらに高度な学校へ進学して追究する事も可能でしょう。追究した知識で違った分野でいずれは貢献ができる準備期間にもなります。この他にもボランティアとして誰かの為に貢献する事も自分を高める他、将来の方向性を決めてくれるいい機会にもなるでしょう。この他フリーターとしてしばらく将来を模索する期間を設けるという事も可能でしょう。フリーターからそのまま正社員へなる人も中にはいる為、今アルバイト感覚で行っている仕事だけども雇用形態は抜きにして究めたいからしばらく続けるという事も選択肢の一つでもあります。ただし、一生はフリーターでの生活は難しいのである一定の期間だけと自分で期間を決める事でメリハリのある生活を送る事が出来るでしょう。農業を始めたり、自分で起業するという事も選択肢として存在する為、就職活動での方向性に悩んでいる人はただ企業に就職するという選択肢以外にも着目してみる事でやりたい事が見つかるかもしれません。

就職してからも考える

昔であれば、就職した会社に定年まで骨を埋めるというのが、ほとんどの人が考えたことでした。多少の嫌なことがあっても、短気を起さず辛抱強く我慢して、無事に定年を迎えれば、その後の人生は何とかなるという絶対的なものがあったからです。社会保障なども充実していましたから、60歳まで働き、定年を迎えれば、その後は経済的な心配もなく、悠々自適な生活を送ることができるとされていたのです。ところが、今はそんなことは昔物語となっており、先行きは心配だらけとなっています。第一に年金は、会社リタイヤ後の生活をするのに十分な水準とは言えなくなっています。社会保険も少子高齢化の影響を受けて、頼りにならないものとなっています。それに加えて、企業の先行きが予断を許さなくなっています。大手企業も、伝統ある企業も、いつまで維持・発展できるかというと、保証できるものは何もないという状況です。ということとなると、就職してからも考えることは、どこかのタイミングで転職するとか、自立するとかという道になるわけですが、それは本当に究極のことであり、普段は違うことを考え、精力を注ぐ必要があります。何かというと、自分が担当している目の前の仕事をいかにして完結するかということです。一つ一つの仕事を大切にして、工夫や改善を加えながら、さらに良い仕事にしようとし、それを繰り返しながら、精進していくことです。どんな仕事であっても、こうした取り組み方をしていれば、それが仕事力ということにつながります。一つの仕事が完結すれば自信にもなります。その結果、総合的には社内でも頼られるものとなり、同時に社外でも通用する力となるわけです。つまり、いざというときに、自分を助けてくれる実力が備わるということになるわけです。